塩飴

塩飴

今年の夏は、かなり塩飴を消費しました。

各種いろいろ取り寄せ、そうですね、「飴職人が、その熟練のワザで練り上げた塩飴」とか、「ピンクのヒマラヤ塩から作った桜色の塩飴」とか、それはそれはいろいろと発売されていますから。

もともとのお気に入りはドラゴンキャンディ。

あ、香港のドラゴンキャンディじゃないですよ、沖縄のドラゴンキャンディ。

もしかしたら、「ドラゴン梅キャンディ」というのは、ホントの名前かもしれません。

そんな気がします、そうです、きっとドラゴン梅キャンディです。

スッパイマンの、塩スッパイマンキャンディもお気に入り。

ただ、年がら年中食べたので、もう今年の夏はいいかな。。。と、他のものを試す気になったのです。

それぞれに美味しのですが、沖縄の梅キャンディに慣れていましたから、ちょっとパンチ不足。

塩気がもっとダイレクトでもいいのにと、物足りなく感じるものが大半でした。

そうやってアクナキ挑戦に挑戦を重ねたのですが、とうとう「これいいんじゃない?」というものにアタリました。

「沖縄のミネラル塩飴 沖縄の命の塩ぬちまーす使用」というキャンディ。

つぶ塩の顔の出し方が、なかなか絶妙!

「こりゃ、うんまいわ!」と、まとめ買い。

人にも「これうんまいから!」と善意を押し売って、「ね!ねねね!」と同意を求めました。

「メンドクサイヤツだ」とうっとおしがられもしましたが、本人はいたって満足。

「やっぱ、沖縄だなぁ。暑い土地だからよくわかってるよ!」などと悦に入ってもいました。

それがですね、今日気がついたのですよ。

そのキャンディの外袋に書いてあることに。

製造者が、名古屋だったの。。。。

いえ、美味しいからね、別にどこだっていいのですよ。

名古屋でだって沖縄でだって、美味しいもんは美味しいのですから。

でもね、人に「沖縄の飴だって!」と威張ったしね、それ思い出すとね、穴があったら頭だけでも突っ込みたい気分。

パッケージの印刷が、あまりに沖縄テイストだったから、それにもすっかりヤラれてたなぁ。。。

聞いて聞いて!

その名古屋のキャンディを、わざわざ沖縄のショップからお取り寄せしてたんですよぉ。。。

探せばこっちのスーパーでも売ってたかもしれないのになぁ。。。

サータアンダギーの粉とかスパムとかも一緒に注文してたから、まだいいようなもんですけど。

このこと、キャンディを無理やり食べさせた友達には、黙っておこうっと。。。

下半身やせ

アバラをやっちまう

肋骨をやっちまったようで、不覚であります。

手に小麦粉を持って歩いていたのですが、石すらないところで転んでしまいました。

なにもないところで転ぶ器用さにもびっくりですが、小麦粉を手放さず、そのままドーンといっちまう貧乏性にもびっくりです。

「なんで!なんでそうなるの!」と人様は不思議がりますがね、買ったばかりの小麦粉を手放して、ぽーんとドブにでもハマったら、勿体なんじゃないですか!

というのはウソで、小さい頃から転んでも手が前に出ない子。

運動神経がとーーーっても悪い代名詞のようなことを、必ずする子だったのです。

そのまま大きくなりました!

でもまぁ、「やっちまったかな」とは思うのですが、アバラって、折ったとしても大した解決法があるわけでもないんでしょ?

ギブスとか無理だし。

イタイので、寝っ転がってパソコンしながら、お茶もストローで飲んどります。

起き上がるのはトイレだけで済むように、ベット周りに何もかも置きました。

そういう時に限って、やれ宅配便だ、やれ書留だと、何かと続くもので、居留守使いたくなりますわな。

でもね、冷房付けて、室外機ガンガン回ってますからね、それで不在もおかしい話で。

どうせバレちゃうから、仕方なく出ますけどね。

いやになっちゃうなぁ。。。。

先日ね、落としを召した婦人が、道端にひっくり返っていたのです。

手押し車って言うんですか?あれがひっくり返って、その所為でどーんとひっくり返ったのでしょう。

亀が裏返しになったみたいに、にっちもさっちもイカナイ感じで。

車道の脇でしたからこりゃ危ないなと、起こしに言ったのですが、怖いなぁ。

高齢者を抱えるのがこんなに怖いものだと、初めて知りました。

骨と皮のだけのように細いし、硬いし、はずみで折ってしまうんじゃないかと。

私が手を握って引き、ダンナが脇から手を入れて起こす、このようにしました。

慎重に慎重にと、二人で声を掛けあって起こしたのですがね。

ほんと怖かったわぁ。。。

介護士の人は訓練がなされているのでしょうが、えらいもんだと実感しました。

私も程なくそうなるのでしょうから、簡単なことで骨を折ったり何処かしらを痛めたりしてしまうのでしょうね。

今ですら「出歩けば怪我」ですから。

脱毛 池袋